着物買い取りに出す前に損しないために見るサイト

タンスに眠る着物は実は金になる。

*

高く買い取ってもらえるものと安く買取されるものには傾向があった

   

断捨離をするために、リサイクルショップで使わなくなったブランド品の衣類から、ノーブランドの古着、着物や雑貨などの不要品を売ってきました。
家の離れの物置きには、かなりのスペースがあるので、親戚や知人から譲り受けたものがたくさんあって、身動きが取れない状態が続いたこともあったので、断捨離に踏み切りました。自宅も相当な量の不要品で生活スペースに不便さを感じていたことも、断捨離に踏み切った理由です。

よほど、訪問買取をしてもらおうかとも悩みましたが、全部、一つ一つ自宅で掃除や洗濯をしたうえで、きれいなものだけを買取してもらいました。
その方が一つ一つ、使えるものと使えないものを分けることもできるし、自分で使いたいものもとっておくことができるからです。

自宅に溜まった不要品を処分するために、リサイクルショップには、だいたい月に1回ペースで4年半くらいかけて通い詰めました。
数社のリサイクルショップに廻って買取をしてもらいました。私が利用した店は、チェーン店です。
大手の買取店では、査定結果に、一品ずつ査定金額を表示してくれるところもあったからです。いくら自分にとっては不要品だとはいっても、個別に査定額が出る方が気分的に納得できるものがあったので、長く利用させてもらいました。

高い買取査定結果になるのは、状態の良い衣類やブランドの衣類です。靴やブーツも使用回数の少ないものであれば、けっこうな額になりました。
そんなに名の通ったものでなくても、見た目が良くて丈夫でデザインの良いものであれば、1着あたり500円から1000円くらいで買取してくれることも、よくあったので、量があると4000円から5000円になることも度々あったので、嬉しかったです。

安い買取価格に終わるのは、使い捨ての雑貨類です。パッケージに入っている状態の新品の電池だとか、衣類や小物をかけるためのフックのような、100均で買ったけれどずっと使わなかったもの、というような類は、総合して安い傾向です。

高い金額で買い取ってもらうには、衣類や靴など、もろに季節の特性が出るような商品は、夏の衣類であれば、夏になる前に持って行くことです。
ワンシーズン前倒しを基本として、どの店も動いているので、季節が過ぎたものはできるだけ買取査定には出さない方がいいです。
店によっては、季節外のものは、買取しないというところもあるからです。

リサイクルは、一点ものの可愛い衣類が見つかることも魅力です。買取をしてもらうだけではなく、自分の好みの傾向を取り扱っている新品のお店でも滅多に見かけない、ストライクの商品を見つけられることがたまにあります。

 - 未分類